30代にドンピシャな効果を発揮する化粧品の選び方|若返るチャンス

化粧品を持つ女の人

3つのケアで美しさキープ

化粧水を持つ女性

大切なシミ対策

30代になったら化粧品を変えることをおすすめします。10代や20代の頃とは、肌の状態が大きく変わるのが30代の特徴です。はっきりと分かるほど肌の状態が変わるため、肌の状態に合った化粧品で適切にケアすることが重要です。特に女性の社会進出が進んだことにより、肌に大きな負担がかかっています。どんな状況でも美しい肌を保つため、3つのケアを行うようにしましょう。1つ目のケアが、シミ対策です。10代や20代の頃に浴びた紫外線の影響が、30代になると一気に表面化してきます。肌のターンオーバーの周期が遅くなることで、シミが表面化しやすくなってしまうのです。ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンを配合した化粧品を使い、シミの悩みのない肌にするようにしましょう。

シワ対策も必ず行おう

2つ目のケアが、シワ対策です。30代になると、真皮層に存在するコラーゲンが減少していきます。そのため、肌のハリが失われるようになり、肌全体がたるんできます。肌のたるみこそシワの最大の原因であるため、減少するコラーゲンを補うケアが必要です。コラーゲンを直接肌に浸透させるより、コラーゲンを生成する肌にすることで、効果的なシワ対策ができます。レチノールやビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成をサポートする成分です。2つの成分が配合された化粧品で、適切なシワ対策を行いましょう。3つ目のケアが、くすみ対策です。ターンオーバーの周期の遅れや肌の乾燥により、肌がくすみやすくなるのが30代の肌の特徴です。ピーリング石鹸を使用することで、意識的に肌のターンオーバーを活性化させるようにしましょう。1週間に1回ピーリング石鹸で洗顔することで、遅れがちな肌のターンオーバーの周期を早めることができます。